沿革

1947年7月創業 西村雅貫他1名カメラの設計試作に着手。
1950年12月「コーナン16」完成、以後小型カメラ分野を得意とし
各種アマチュアカメラ及び「情報収集特殊カメラ」の開発を行う。
1951年12月株式会社甲南カメラ研究所設立、資本金25万円。
1958年8月「手持小型眼底カメラ」の開発を行い医療機器分野へ進出。
以後、「医療用双眼手術顕微鏡」「心電波形記録装置」「同軸ヘッドライト」等、
医学分野におけるデータ処理機の受注生産を行う。
1959年11月8mmサイズフィルムを用いるシネカメラ「シングル-8システム」のマガジン開発を
行う。映画撮影が一般に普及するきっかけとなる。
1961年12月「造船用50倍投影機」の開発を行い産業分野での写真技術の応用を計る。
その成果として写真、造船等の異業種間開発プロジェクトを発足。
電子写真罫書装置「EPMシステム」の研究に着手。
1962年9月電子写真罫書装置「EPMシステム」完成。異業種間開発プロジェクトの先鞭を
つける。
1971年12月設立20周年を迎え研究棟建設。
1972年3月オプトエレクトロニクスの技術による監視、判別認識、記録の自動化を企画し、
「検査、計測の自動化システム」の開発を行う。「鋼材キズ自動探傷装置」開発。
1975年7月医療用機材の生産販売開始。手術用顕微鏡「Kシリーズ」発売。
1977年3月メンテナンスフリーの「マーキング装置」の開発を行う。
1979年9月角膜内皮細胞顕微鏡「スペキュラーマイクロスコープ」開発。
1980年8月新社屋建設。
1981年7月カラースキャナー・セッター「コレーサー」の生産販売開始。
8月甲南キーラー株式会社設立。
英国Keeler Limitedと合弁会社を設立し、医療機器の西日本地域における
販売開始。
1983年9月「液中顕微鏡」開発。液中の微粒子(微生物)の状態を外部モニターテレビで観察。
1984年8月手術用顕微鏡「CLM」発売。
1985年9月医療機器メンテナンス会社、株式会社甲南コモン設立。
10月「クリニカルスペキュラーマイクロスコープ500、580」発売。
1986年12月甲南キーラー株式会社東京本社設立。医療機器の日本全国における販売開始。
1987年4月角膜内皮細胞解析装置「セルアナリシスシステム」発売。
「ポータブルオペレーションマイクロスコープPOM-50」発売。
1988年7月「オペレーションマイクロスコープ700、700Sシリーズ」発売。
1989年3月「スペキュラーマイクロスコープ385」発売。
5月「スペキュラーマイクロスコープ3300」発売。
9月赤外線及びビデオを用いた眼球運動解析装置「IRビデオENGシステム」開発。
1990年5月「スペキュラーマイクロスコープ5500」発売。
6月眼科向の手術顕微鏡「オフサライト」発売。
12月メディカルハウス建設。
1991年3月医療機器の輸入及び販売会社、株式会社コーナン・メディカル設立。
1992年1月株式会社コーナンに社名変更。
全自動角膜内皮細胞解析装置「KC-2001シリーズ」発売。 
4月株式会社コーナン・メディカル東京本社設立。医療機器販売の全国展開開始。
1993年8月「熱間ラインマーキング装置」発売。
10月非接触式の角膜内皮細胞撮影装置「ノンコンロボ」、「ノンコンロボCA」発売。
1994年8月コーナンメディカルコーポレーション設立。
米国ニュージャージー州を拠点として北米における医療機器の販売等、活動を
開始。(2002年9月解散)。
1995年7月「コーナン オペレーションマイクロスコープ300シリーズ」発売。
1996年6月全自動角膜内皮細胞解析装置「KC-2300シリーズ」発売。
角膜内皮細胞の自動解析を約20秒に短縮。
1997年4月角膜内皮細胞撮影装置「ノンコンロボPACHY」発売。角膜厚さの測定を可能にした。
10月移植手術に使用する角膜の状態を検査する装置「ドナー・アナライザー」発売。
1998年5月全自動角膜内皮細胞解析装置「KC-3000シリーズ」発売。
7月眼鏡レンズ加工機「エシロールα・γ」(仏Essilor社製)の輸入販売開始。
8月アイバンク用スペキュラーマイクロスコープ「ケラトアナライザーEKA-98」発売。
移植用角膜検査に角膜観察チャンバー及び角膜保存バイアルがそのまま使用
できる。
1999年2月レーザー光凝固装置「ビリディスシリーズ」(仏Quantel Medical社製)の
輸入販売開始。
7月自動屈折力計・角膜曲率計「オートレフケラトメータKR450」、
「オートレフラクAR350」(米Reichert社製)の輸入販売開始。
9月「ポータブルオペレーションマイクロスコープPOM-50Ⅱ」発売。
2000年4月自動非接触眼圧計「AT550」(米Reichert社製)の 輸入販売開始。
11月眼科手術器具(米Rhein Medical社製)の輸入販売開始。
2001年1月株式会社コーナン・メディカルと合併。
株式会社コーナン・メディカルに社名変更。
角膜内皮細胞撮影装置「CA-Ⅱ SP-8800/SP-6600」発売。
7月角膜内皮細胞撮影装置「セルチェックシリーズ CC-5000CA/5000」発売。
10月眼鏡レンズ計測装置「レンズマッピングシステムVL-3000」
(イスラエルVisionix社製)の輸入販売開始。
2003年1月西宮市松下町に「品質管理センター」新設。
3月眼鏡レンズ計測装置「レンズマッピングシステムVL-3100」
(イスラエルVisionix社製) の輸入販売開始。
4月ポータブル非接触眼圧計「PT100」(米Reichert社製)の輸入販売開始。
8月ISO9001(品質マネジメントシステム規格)/ISO13485(医療機器の
品質マネジメントシステム規格)を認証取得。
2004年6月自動非接触眼圧計「AT555」(米Reichert社製)の輸入販売開始。
角膜内皮細胞撮影装置「ノンコンロボシリーズ FA-3509」発売。
ファイリング機能と自動解析機能を搭載。
2006年1月ライト製作所製 ズームスリットランプ「RS-1000」販売開始。
11月米国ロサンゼルスにKONAN MEDICAL USA支店設立。
2007年3月可搬型手術用顕微鏡「LOMシリーズ」発売。
8月角膜内皮細胞撮影装置「ノンコンロボシリーズNSP-7700/9900」発売。
2008年4月米国ロサンゼルスに現地法人 KONAN MEDICAL USA , Inc設立。
6月オートレフラクト/ケラトメータ「L80 wave+」(仏Luneau社製)の
輸入販売開始。
7月前眼部撮影装置「KATS-1000」発売。
11月角膜内皮細胞撮影装置「ノンコンロボシリーズFA-3809/NSP-9900Ⅱ」発売。
2010年10月アイバンク用スペキュラーマイクロスコープ「ケラトアナライザーEKA-10」発売。
2011年6月非接触眼圧計「7CR」(米Reichert社製)の輸入販売開始。
眼科用超音波画像診断装置 「AVISO」(仏Quantel Medical社製)の
輸入販売開始。
眼科用超音波画像診断装置 「Compact touch」(仏Quantel Medical社製)の
輸入販売開始。
眼科用超音波画像診断装置 「Compact touch STS」(仏Quantel Medical社製)の
輸入販売開始。
2012年10月角膜内皮細胞撮影装置「CellChek plus」発売。
瞳孔記録計「RAPDx」(米Konan Medical USA社製)の輸入販売開始。
2013年12月ドライアイ検査装置「LipiView」(米TearScience社製)の輸入販売開始。
マイボーム腺評価用器具「MGE-1000」(米TearScience社製)の輸入販売開始。
2014年2月レンズマッピングシステム「VX40」(仏Luneau社製)の輸入販売開始。
2014年9月角膜内皮細胞撮影装置「CellChek SL」発売。
2015年11月移植角膜用スペキュラーマイクロスコープ「CellChekD」、「CellChekD PLUS」
発売。
2017年1月ライト製作所製 LEDスリットランプ「MW50D」販売開始。
2017年2月角膜内皮細胞撮影装置「CellChek C」発売。
2017年6月「ポータブルオペレーションマイクロスコープPOM-50Ⅲ」発売。
2018年2月視覚誘発反応測定装置「EvokeDx」(米Konan Medical USA社製)の
輸入販売開始。
色覚検査用ソフトウェア「ColorDx CCT-HD」(米Konan Medical USA社製)の
輸入販売開始。
2018年8月角膜内皮細胞撮影装置「CellChek X8」発売。
2020年1月角膜内皮細胞撮影装置「CellChek 20」発売。